スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋晴れの中、東北を走る(完)

2011.10.29.09:47

今回は、10月27日午後から業界の研修会が花巻市で開催され、そこで講演を頼まれたので、それに合わせて前後に滞在することになった。大したことは出来なかったが、本いっぱいボランティアを支えてくれた盛岡のK先生や釜石のH先生に直接お会いし御礼を申し上げることができた。また仮設住宅を訪問し、ある支援者からお預かりした着物を被災者の方にお渡しすることもできた。着物はとても喜んでいただくことができた。

横浜⇒盛岡⇒花巻⇒遠野通過⇒釜石⇒陸前高田⇒気仙沼⇒南三陸⇒石巻⇒新潟というルートで走行距離は1400k弱。

10月26日深夜の盛岡駅前morioka station
10月27日朝の盛岡駅前morikao station asa
10月27日花巻の愛隣館で講演中kouennchuu
10月28日ホテルの部屋から眺めた朝の紅葉airinnkamae
花巻温泉のゲート。ホテルを午前6時過ぎに出発し釜石に向かった。
gate
宮沢賢治のめがね橋megane
megane u
遠野市の景色。本当に美しい景観が続く。昔、スコットランドを車で走った頃を思い出してしまった。
toono
遠野から1時間ほど東に向かって走ると釜石市内。瓦礫は撤去されたが、津波の爪跡が残っている。
釜石市内
釜石市内から北にトンネルを抜けると「鵜住居(うのすまい)」という海に面した町がある。
ありがとう
この町も無残に破壊されていた。山あいにお寺さんがあった。
お寺さん
さらに北に橋って数分のところに医療モールができた。医療モール周辺部には仮設住宅が並ぶ。釜石市の全ての仮設の内、3割が鵜住居に集まっている。この医療モールに入っているH先生を尋ねた。H先生の医院は津波に飲み込まれ跡形もなくなったそうだ。地域医療の為に奮闘されている。
医療モール
20分程、院内のご説明をいただいた跡、釜石観音の入口脇に復興祈願植樹をしておいたので、その場所を見に行った。多少、大きくなっていた。
くぬぎ
釜石から陸前高田に向かった。雇用促進事業団のアパートの反対側に植えた復興祈願植樹。何とか枯れないで育っている。この花壇の裏に破壊された車置き場があったが、移動した為、大きな駐車場のあとが見えた。
ガッツ
ここには、長さ20mくらいの花壇も作った。ベゴニアの花が残っている。
ベゴニア
花壇の後は、気仙沼に向かう。いち早く復旧させたバイパス道路脇の護岸工事がすすむ。
UP
気仙沼到着。沢山ある写真の中からこの一枚をアップしよう。襲ってきた津波の高さがわかる。いえ
相変わらずの光景。あまりにも巨大過ぎて動かせないか。
ふね
気仙沼で昼食を取り、更に南下。南三陸に入る直前に本吉町がある。渡波保育所で使っていた架設風呂は、ネットワーク宮城というボランティア団体に2セット提供した。そのお風呂を見てきた。最初の印象は、「あれ、、、薪釜が並んでいる」だった。
ふろ
浴室内を見ても浴槽が並んでいる。作った人は河口湖自然学校のAさん。ん~、どういうアイデアなのかうかがってみたい。
おふろ室内
ここからは一気に石巻まで南下した。向かった先は、渡波地区に設けた県道女川街道沿いの100m花壇。何本か枯れてはいたが、9割は咲いていた。
かだん
最後にAさん宅の作業場で、遠藤さんとAさんに会い、石巻・女川物産展の売上をお渡しした。
ガッツ
10月28日夜。ガッツ!!
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

フェニックス救援隊 代表 古川千春。本業は金融。日系証券、海外勤務、外資系コンサル&外資金融に勤務後、新会社設立。数多くの元上司、同僚、友人らの支援を受け活動中。

Author:フェニックス救援隊 代表 古川千春。本業は金融。日系証券、海外勤務、外資系コンサル&外資金融に勤務後、新会社設立。数多くの元上司、同僚、友人らの支援を受け活動中。
★フェニックス救援隊について
「貴方の命を守る!!」と立ち上がる。有給休暇等を取得し、手弁当でボランティア活動を行っている。人件費ゼロで運営し、物資・活動費はメンバーからの寄付。
◆発足日:2011年3月12日
◆『サクラ・プロジェクト』ご協力者募集中
女川や釜石に芝桜や桜の木を植えるプロジェクトに、資金提供や体力提供ができる方は、下記アドレスまでメールを!!
◆pheonix.japan@gmail.com
◆主要活動内容
1.食料・生活用品・燃料の提供
2.仮設薪釜風呂の設置・運営(石巻市立渡波保育所前)
3.花いっぱい&本いっぱい運動
4.経済支援ボランティア
◆チーム体制
代表:古川千春、副代表:岡地芳裕、理事3名、監事1名、隊員・サポーター:約100名
◆本部:横浜市青葉区、バックアップ・センター:新潟県長岡市、東京連絡事務所:港区
◆メディア紹介:新潟日報、河北新報、テレ朝、日テレ、JNN
◆東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)・メンバー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。