スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 災害救援・復興セミナー開催のお知らせ

2012.10.08.15:10

東大地震研究所は5年以内に70%の確率で首都圏直下型地震が発生する危険性を指摘しています。
東日本大震災の教訓から、災害発生後の災害救援や復興体制について再検討が迫られています。
本セミナーでは、それらについて識者の方々にお集まりいただき今後の体制作りにいかせるよう目指すものです。

長岡技術科学大学の木村研究室は、NEXIS-R(ながおか次世代ロボット推進化機構)と災害レスキューロボットを開発しました。当日はそのロボットの実演走行を行います。また、海外で市販されている水中ロボットも所有されており、昨年は日米救援チームメンバーとなり石巻市長面(ながづら)において水中探索を行うという経験もされています。

◆日程:平成24年10月28日(日)
◆会場:長岡震災アーカイブセンター きおくみらい館

◆住所:新潟県長岡市大手通2-6 フェニックス大手イースト2階

◆セミナー・スケジュール
10:30 きおくみらい館見学

13:00 開演ご挨拶 (長岡市)

13:10 ①災害救援と復興について:高成田 享 氏(仙台大学教授、政府復興構想会議委員)

14:10 ②女川町の復興と夢:須田善明 氏(女川町長)

15:10 ③災害レスキューロボットと実演:木村哲也 氏(長岡技術科学大学准教授)

16:30 閉会ご挨拶 (長岡観光コンベンション協会)

◆主催:東日本大震災救援ボランティア・チーム「フェニックス救援隊」
◆後援:長岡市、長岡観光コンベンション協会、新潟日報社
◆協賛:NEXIS-R(ながおか次世代ロボット推進化機構)、印刷のビッツプランニング、ベストミックス・インベストメント(株)

★フェニックス救援隊は内外金融機関に勤務する役社員100名以上で構成される民間チームです。詳しくは「フェニックス救援隊」で検索の上、ブログをご覧下さい

<お申込み方法:応募者多数の場合は抽選>

住所、氏名、職業、聴講ご希望の講座番号(①、②、③)をご記入の上、以下までお申込み下さい。
きおくみらい館見学ご希望の方は「見学希望」とご記入ください。

★葉書でお申込み:〒954-0111 見附市今町5-10-38
    ビッツプランニング セミナー係宛
☆メールでお申込み:saigai-kyuen@plala.to

□申込み多数の場合は抽選。
□止む終えない事情で会場、時間帯、講師などが変更になる場合がございます。
□聴講できる方には、参加証をお送りいたします。

◆申込み締め切り:10月19日(金)

以上よろしくお願いいたします。

(写真出所:銀座線銀座駅から三越方向に向かう地下通路で開催されている写真展の中からカメラで撮影したもの)
kyodai
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

フェニックス救援隊 代表 古川千春。本業は金融。日系証券、海外勤務、外資系コンサル&外資金融に勤務後、新会社設立。数多くの元上司、同僚、友人らの支援を受け活動中。

Author:フェニックス救援隊 代表 古川千春。本業は金融。日系証券、海外勤務、外資系コンサル&外資金融に勤務後、新会社設立。数多くの元上司、同僚、友人らの支援を受け活動中。
★フェニックス救援隊について
「貴方の命を守る!!」と立ち上がる。有給休暇等を取得し、手弁当でボランティア活動を行っている。人件費ゼロで運営し、物資・活動費はメンバーからの寄付。
◆発足日:2011年3月12日
◆『サクラ・プロジェクト』ご協力者募集中
女川や釜石に芝桜や桜の木を植えるプロジェクトに、資金提供や体力提供ができる方は、下記アドレスまでメールを!!
◆pheonix.japan@gmail.com
◆主要活動内容
1.食料・生活用品・燃料の提供
2.仮設薪釜風呂の設置・運営(石巻市立渡波保育所前)
3.花いっぱい&本いっぱい運動
4.経済支援ボランティア
◆チーム体制
代表:古川千春、副代表:岡地芳裕、理事3名、監事1名、隊員・サポーター:約100名
◆本部:横浜市青葉区、バックアップ・センター:新潟県長岡市、東京連絡事務所:港区
◆メディア紹介:新潟日報、河北新報、テレ朝、日テレ、JNN
◆東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)・メンバー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。